So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

サイレント映画『男性と女性』上映会トークに出ます [映画]

来る2/20、以下の通りサイレント映画ピアノ生演奏つき上映会のアフタートークに出ます。
無声映画伴奏者、柳下美恵さんご企画のシリーズで、今回はいわゆる異性愛映画を見て、ゲイやレズビアンはどう感じるのか(どう「読む」のか)といったあたりも話を…ということです。
レズビアンだからといってレズビアン映画やレズビアン的な映画、あるいはゲイ映画ばかりを見ているわけではなく、圧倒的多数を占めるヘテロセクシャルな映画を見て、「レズビアン・リーディング」を行うこともあるのは言うまでもないですが、後者にフォーカスしたトークに出るのは初めてのような気もします。(論文は書いたりしていますが…)大木さん、片岡さんとは初対面でもありますし、どのような話が展開するのか、今から楽しみです。

そしてなにげに、生演奏つきの上映会としては破格の入場料ですね。お時間のある方は是非どうぞ。51DJYR98ZTL.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
初春 お宝映画上映会4

愛について性について考える。

稀少な無声映画を上映する“お宝映画”上映会。 

昨年、レズビアン&ゲイ映画祭に参加して、改めて興味を持った性。
新聞記事で越境たちと題して、江戸時代までの日本社会は男女の境界が
ファジーだったとの記述をみつけました。約1世紀前につくられた映画「男性と女性」を見て
レズビアン、ゲイそしてヘテロはどう感じるのでしょう?愛、性について考えます。
皆様お誘い合わせの上、いらしてください。
無声映画伴奏者 柳下美恵

2009年2月20日(土)午後2時~5時頃(開場1時半)会費1000円
上映作品  男性と女性(1919年、アメリカ、セシルBデミル監督 グロリア・スワンソン主演)
贅沢三昧の毎日の英国貴族一家が船旅で遭難! 無人島での生活では主従関係が逆転し…。                                
 ピアノ伴奏/進行  柳下美恵

トーク出演 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭プログラマー 大木卓実
明治学院大学非常勤講師/草の根文化系レズビアン・アクティヴィスト 溝口彰子
活動写真弁士 片岡一郎

会場 アカデミー茗台(めいだい)一階レクリエーションホールB
東京都文京区春日2-9-5  営団地下鉄 丸の内線茗荷谷駅から徒歩12分
 後楽園駅、春日駅から徒歩20分. 春日通り沿い、小石川4丁目バス停そば。
茗谷中学校と同じ敷地にあります。

お問合せ ラピス・ラズリ 電話 070-5546-5294 mail mie.yanashita@mbc.nifty.com
協力 ㈱IVC/活動倶楽部

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。