So-net無料ブログ作成

P・ハイスミス作、柿沼瑛子さん翻訳、『キャロル』に協力いたしました [本]

『太陽がいっぱい』『リプリー』などで知られるパトリシア・ハイスミスが1952年に発表した女性同士の恋愛物語(しかも、悲劇ではなく未来につながるエンディングが当時としてはものすごく画期的)が2015年12月に柿沼瑛子さんの翻訳で河出文庫から出版されました。

トッド・ヘインズ監督、ケイト・ブランシェット主演での映画版が2016年2月に公開されるのに先駆けての翻訳出版です。
柿沼瑛子さんが講師をつとめてくださっている、東京・中野のレズビアンとバイセクシュアル女性のためのコミュニティ「LOUD」での「レズビアン小説翻訳ワークショップ」で長らく教材として取り組んでいたことは知っていましたが、この度の出版にあたって、数カ所の英文読解などをお手伝いさせていただきました。
光栄なことに、訳者あとがきで謝辞をいただいております。

1950年代アメリカの時代背景は現代とは全然違うので一種の「時代もの」ですが、アイデンティティ・ポリティクス的ではないセクシュアリティのありようは、むしろ現代的。非常に読み応えがあって面白く、映画版は試写で拝見しましたが、かなりの改変はありつつも、この物語のどのエッセンスを映画版がくみとったか、というのもすごく納得できるので、原作を読んだ上で映画を見ると何倍にも楽しめると思います。
51FUgIhNjLL._AA160_.jpg
さっきamazonで見たら、入荷まで数週間となっていましたが、数日前に2刷が決定したそうなので、早々に品薄状態は解消されると思います。

nice!(0)  コメント(0) 

『nez 【ネ】』に英語協力いたしました [本]

榎田尤利さんの小説『nez 【ネ】』(大洋図書 SHY NOVELS 2012年11/5発売)にて、主人公たちの会社名の英語について、協力いたしました。
ごくわずかな協力にもかかわらず、後書きで謝辞をいただいております。榎田先生、ありがとうございます。
20121014_2050342.jpg

「交渉人」シリーズの次となる新シリーズです。グルヌイユばりの嗅覚を持つ主人公1と、並外れた観察眼を持つ主人公2の個性が際だっていて、相性診断という仕事の描写も面白く、いくつもの意外性もあって、面白かったです。
生き生きした女性キャラ、人や動物の生への深い愛、という榎田先生ファンおなじみの要素も盛り込まれていますよ〜。

(ちなみに、タイトルの「ネ」はフランス語で「鼻」の意味だそうです)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

立教大学 学生さん制作雑誌『SPC』に出ています [本]

立教大学の学生サークルで編集・発行しているフリー・マガジン
『St. Paul's Campus (SPC)』vol.98 2012 4/1 春号
で、インタビュー取材をしてもらいました。見開きです。

朗読をつとめた2月のLiving Together Loungeに参加していたという学生さんから、twitter経由で連絡をもらいました。(@spc_rikkyo)
だからなのだと思いますが、ぷれいす東京の生島 嗣さんの見開きの次で、まとめて「プロジェクトA」という小特集のページ内です。

私のページの小見出しは「レズビアンとボーイズラブ」です(笑)。いやもうそのまんまの内容で…1時間半くらいいろいろと楽しくお話させてもらったなかから、短い文面にうまくまとめていただいています。(とくに、突き詰めて考えるとつながっていないのだけども、さっと読んだ印象ではうまく流れている感じがするところ。段落と段落の切替の間をうまく使ってがらっと話を変えつつも連続性の雰囲気は醸し出すという、文字数の少ないインタビュー記事では必須かもしれないテクニックがきいています)

立教大学のキャンパス内のみで配布されているようですが、もしもお目にとまられたら、是非ごらんください。
(ミーティング場所の教室にこのように掲示されていたそうです。SPCさんtwitterより)
556884048.jpg 

nice!(0)  コメント(0) 

コミケで売り子をします [本]

12/30 西くー30A サークル名:EK

翻訳家、柿沼瑛子先生の個人サークルで、売り子としてお手伝いします。
今回のご本は、東京、中野のレズビアンとバイセクシャル女性のためのコミュニティスペース、LOUDで開催している「レズビアン小説翻訳ワークショップ」の成果として、翻訳小説、論考、ワークショップの歴史などが収録されているそうです。まだ拝見していませんが、充実の内容のようですので、英語圏のレズビアン小説に興味のある方は是非お立ち寄りください。
私はこの10年は「卒業生」として時折かかわる程度なのですが、もともとワークショップをスタートさせたということもあり、今回のお手伝いとなりました。

今回の本のメインは、著名なレズビアン作家によるゲイ小説の翻訳だそうです。面白そう!
(だから「オリジュネ」の日なのですね)

なお、「レズビアン小説翻訳ワークショップ」についての詳細は、こちらのサイトでどうぞ↓
http://shibuya.cool.ne.jp/aliasna/hnyk.html

今の調子だと海辺はとーっても寒いと思われますが、みなさま暖かくしてお出かけください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

柿沼瑛子訳『妖しき悪魔の抱擁』 [本]


妖しき悪魔の抱擁 (ヴィレッジブックス)

妖しき悪魔の抱擁 (ヴィレッジブックス)

  • 作者: カレン・マリー・モニング
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2009/07/18
  • メディア: 文庫


数カ所、英語表現の解読お手伝いをしました(訳者あとがきで謝辞をいただいております)。

〜〜ダブリンの夜。それは、邪悪な妖精たちが集う官能と戦慄のステージ。〜〜
〜〜全米を席捲したロマンティック・ファンタジー いよいよ登場!〜〜(帯より)
とても面白いですよ! 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。