So-net無料ブログ作成

国際Dシネマ映画祭2014で通訳をつとめています [映画]

この連休からすでに始まっていますが、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014で今年も英語通訳をつとめています。
今年で11回目だそうで、デジタルシネマが「あたり前」になった今(日本国内の映画館でも96%の普及率だそうです)、力点をもうひとつの軸である「新たな才能の発掘(とお手伝い)」におくとのこと。「新たな10年のはじまり」という宣言に嬉しさを感じました。
(長編コンペティションは、長編作品経験が5本以内の監督さんに応募資格があり、グランプリとは別に、SKIPシティが配給を行う作品も選ばれます)

私は、今年は、舞台でのQ&Aの通訳としては、以下を担当しています。

『愛する人へ』 1回目終了、2回目 7/22(火) 17:30の回
『帰郷』7/23(水)11:00の回、 7/26(土) 10:30の回
『ロック・ペーパー・シザーズ』 7/26(土)17:00の回

また、短編コンペティションでは4プログラム全部について客席ウィスパリング通訳(舞台上は日本語で、客席に英語が必要な観客がいらしたら、その人の横で「ささやく(ウィスパー)」ように同時通訳する)で入っていまして、昨日のプログラム3では、急遽、舞台通訳もつとめました。

審査員も映画監督も国内外から選ばれているまぎれもない国際映画祭でありつつ、地元の方達に愛されていて、質疑応答でもかなり専門的な質問から、「素直な」感想まで幅広い質問やコメントが寄せられて、とても良い雰囲気です。
埼玉県川口駅から専用シャトルバスで10分程度と、少々遠い場所ですが、気になる作品を見つけたら、是非お運びください。

http://www.skipcity-dcf.jp/

なお、今年は長編コンペにゲイ映画もあります。

『青、そして少しだけピンク』←スペイン語ですがウィスパリングを担当するため見せてもらいました。内容については何を書いてもネタバレになってしまいそうなので自粛しますが(汗)、家族がいて仕事もしている大人のゲイをリアルに描きつつ、幅広い客層に受けいれられるウェルメイド作品を目差していて、成功しています。

『彼の見つめる先に』←こちらは未見ですが、胸キュン青春ものとスタイリッシュな映像っぽさがカタログから伝わって来ます〜。

短編にはLG作品はないのですが、
『十人十色 世界は何色でできてるの?』
美少女萌え(笑)。とくに主役は、刈谷友衣子に激萌え(とくに「某ちゃん」)という私の好みに近い方(?)にはチェックをおすすめです。

それと、商業チャンネルではなく映画祭で見せる短編映画ならでは、と考えた時に、私が一番惹かれたのは『ヨボセヨ』でした。
作り手も意識的に言語化できていないところまでもが映像にあふれ出ているような感じがしました。もちろん勘違いかもしれませんが(笑)、それは観客それぞれの自由ということで。
全然、内容は違うのですが、そういえば最近、大木祐之さんはどういうのを作っていらっしゃるのだろう〜と思いました。

論文や評論ではなく思いついたままに映画について書くのって楽しいですね(笑)。だらだらしていて失礼しました。まあ、こういうお仕事がらみの時のみですのでお許しください。(そして、タイトルだけですみません。監督名その他、リンク先でごらんください)
nice!(0)  コメント(0) 

クィア領域における調査研究にまつわる倫理などガイドライン試案 *追記あり [その他]

共同執筆した「クィア領域における調査研究にまつわる倫理や手続きを考える:フィールドワーク経験にもとづくガイドライン試案」が国際基督教大学ジェンダー研究センタージャーナル『ジェンダー&セクシュアリティ』第9号に掲載されました。

「クィア領域での調査研究は、セクシュアル・マイノリティを研究対象とする学際的なものである場合が多く、既存のさまざまな学会が公表しているガイドラインや社会調査の教科書などではカバーしていないリスクがある」との認識から、調査、研究をする人にとっても、調査に協力する人にとっても、また、大学でLGBT関係の調査研究をする学生を指導する教員にとっても、そしてもちろん、LGBT当事者であってもそうでない人にとっても、実際的に役立ててもらえるようなガイドラインとして執筆しました。
ぜひお役立てください。
掲載誌(ジャーナル)は、以下のリンクから、全部がPDFファイルとしてダウンロードできるようになっています。(ガイドラインはp.211-225)

http://web.icu.ac.jp/cgs/2014/06/cgsjnl009.html

共同執筆者は、岩橋恒太、大江千束、杉浦郁子、若林苗子の4方(五十音順、敬称略)。

レズビアン・コミュニティ、ゲイ・コミュニティ、HIV/AIDS啓蒙の活動などの実績をつんだ方々であり、フィールド調査を行う社会学者もいらっしゃり、私としても共同執筆の過程でたくさんの刺激を受け、学ばせていただきました。
また、最終的に執筆段階ではこの5人の仕事となりましたが、そこにいたるまでの数年間、ワークショップなどの場で参考文献を示してくださったり、経験談をお話くださったり、ご意見をくださったたくさんの方々にもあらためて感謝します。
(なんとこのテーマでのワークショップを最初に行ったのは2008年12月…! 断続的とはいえ、5年以上かかったことになります。実際のガイドライン試案の執筆にあたっては、共同作業でしたが、私が2008年当初から、一連の活動のオーガナイザーをつとめていたことから、今回、筆頭執筆者としてクレジットしていただくはこびになりました)

なお、日本語で「クィア」を用いる際に知っておくべきと思われることも脚注に盛り込んでいます。「そもそもクィアとかクィア理論ってどこから出てきたの?」というご興味のある方にもお読みいただければと思います。

このジャーナルは日本語記事には英語概要が、英語記事には日本語概要がついているバイリンガルです。
本ガイドライン試案の英語タイトルをあげておきます。
"Ethics and Procedures for Researchers and Research Subjects in the Realm of Queer Studies: Tentative Guideline Informed by Fieldwork"

多くの方に活用していただけることを祈っています。

追記:共同執筆者、杉浦郁子さんが機関ディポジトリに登録してくださいました! 当ガイドラインのみをJAIRO(8/16開始予定)やCINII(8/25開始予定)からダウンロードできるようになります。こちらもご利用ください。
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。