So-net無料ブログ作成

多摩美でティナ・タケモトさんの特別講義があります [映画&パフォーマンス]

来る2014年6月20日(金)、午後1時より、多摩美術大学八王子キャンパスで、アーティストでありカリフォルニア・カレッジ・オブ・ジ・アーツ准教授であるティナ・タケモトさんをお招きして特別講義を行っていただきます。
平日昼間、横浜線or小田急線橋本駅からバスのキャンパスと、ハードルは高めですが、以下の概要をごらんの上、ご興味のある方は是非お越しください。
学外からのご参加も歓迎です。(ただし、万一、多摩美生が予想より大勢出席した場合は、お立ち見になる可能性があることをご了承ください)
Takemoto.jpg
特別講義
ルッキング・フォー・ジロ−・オヌマ:日系アメリカ人収容所をクィア化する
ゲスト ティナ・タケモト先生(アーティスト/カリフォルニア・カレッジ・オブ・ジ・アーツ准教授)

「ルッキング・フォー・ジロー・オヌマ」は、サンフランシスコ在住の日系4世のアメリカ人アーティスト、ティナ・タケモトタケモトの最新作品で、これまで知られることのなかった第二次世界大戦中の日系アメリカ人収容所における同性愛者の存在とその社会性について思索をめぐらせるもの。
1920年代に19才で日本からアメリカに移住したジロー・オヌマは、第二次世界大戦中セントラル・ユタに収監された。オヌマの遺品からは、彼のワードローブがダンディなものであり、彼がホモエロティックな男性たちのホモエロティックな身体鍛錬カルチャーのポスターや雑誌に並々ならぬ関心を寄せていたことがわかる。
アイザック・ジュリアンの「ルッキング・フォー・ラングストン」(1988)にインスパイアされ、「ルッキング・フォー・ジロー・オヌマ」は、ジロー・オヌマというサンフランシスコ在住のダンディなゲイの独身男性が、いかにして収容所での孤独と、退屈と、屈辱と、異性愛規範のなかで生き延びたのかを想像しようと試みるドラァグ・キング・パフォーマンスであり、実際の歴史的素材(アーカイヴァル・マテリアル)や、収容所の記録映像、マドンナ/アバの音楽のごった煮、リップシンキング(口パク)、パンこね、筋肉づくりなどなどによって構成されている。
今回の特別講義では、「フレームライン サンフランシスコ国際LGBT映画祭」を始めとする北米の映画祭や、リオデジャネイロやパリでも上映された「ルッキング・フォー・ジロー・オヌマ」の短編ビデオ作品の上映と、スライド映写などを通し、タケモトが本プロジェクトの全体像をプレゼンテーションします。
(英語講義。通訳:芸術学科非常勤講師 溝口彰子)

2014年 6月20日13:00-14:30 @多摩美八王子キャンパス芸術学科棟311教室
主催 芸術学科 映像文化設計ゼミ

nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。